Sign Gene in Cannes, un successo sulla Croisette

カンヌ国際映画祭に出品された映画「サイン・ジーン」はエミリオ・インソレラが監督するアクション映画で、キャストと映画製作クルーはろう者で成り立っている。手話により超能力を操るという内容だ。



カンヌ国際映画祭の豪華キャストにはケイト・ブランシェット、スパイク・リー、アリス・ローワーワーシャー、クリステン・スチュワート、ガスパ・ノエ、ジュリアン・ムーア、ジェーン・フォンダ、ナオミ・キャンベル、ベラ・ハディド、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、ポール・ダーノ、ゾーイ・カザン、ジョン・トラボルタ、ケリー・プレストンなどのビックスターが揃い、その中でエミリオ・インソレラとそのパートナーであるキャロラ・インソレラはパレスフェスティバルにてレッドカーペットを歩いた。

イタリア人映画監督であり俳優でもあるエミリオ・インソレラと妻のノルウェー人モデル兼女優のキャロラ・インソレラが揃って入場すると、蝶のようにひらひらと空中で手が振られ、手話での拍手にて歓迎された。二人は観客に挨拶を交わしながら手話で会話を行う姿はカンヌの夜の光に照らされていた。

ブエノス・アイレスにてろうイタリア人の両親から生まれたエミリオは、キャロラと同じく生まれつきの聴覚障害であり、ワシントンのギャレット大学にて言語学と映画製作について学び、ローマのサンピエンツア大学にてコミュニケーションを学んだ。「映画の中で、聴覚障害者は遺伝子変異により生まれた特別な遺伝子を守るスーパーヒーロであり、現実の世界でも聴覚障害者は視覚的言語を守っている存在である。この映画は聴覚障害者の存在とその意義とを結びつけている。」とエミリオはマジェスティックホテルにて開かれたイタリアパビリオンにて通訳者を通して話していた。

「この映画が少々複雑であると言われるのは、まだメディアレベルでは多くの人に知られていない様々な聴覚障害者に対する歴史と文化を取り込んでいるからであり、速いテンポとサウンドエフェクトにて進行する映画は一部の人にとっては多少刺激的すぎるかもしれない。
使用する機材などが映画の価値を左右するといいますが、この映画を製作した動機を知っていただけたら機材は関係ないと思っていただけると思う。ソニー3CCDにて撮影され、製作費用はたった25000ドルのインディー映画はイタリア・日本・アメリカにて撮影が行われました。主人公のトム・クラーク(エミリオ・インソレラ主演)はおよそ2世紀前に手話をアメリカに持ち込んだフランスの有名科学者であるローレント・クレークの血を引くろう者である。トムは強力な力を操ることのできる突然変異遺伝子サインジーン”SGx29”の保有者であり、ニューヨークのQ.I.A.ことクインパーエージェンシー(ペンタゴンに所属する秘密組織で突然変異遺伝子サインジーン所有者によって組織されている)に所属している。トムは手話を使用することによってのみ、超能力を発揮出来る。突然変異遺伝子「サイン・ジーン」の根絶を図る闇の組織1.8.8.0.を率いる、実の弟であるジャックス・クラークとの長きに渡る戦いにより、トムは全ての超能力を失ってしまう。Q.I.A.の代表であるヒュー・デニソンは日本の大阪にて様々な犯罪を犯す、ろうミュータント組織を撲滅するミッションにトムと同僚のケン・ワンを送った。このミッションの中でトムは全ての力を失ったわけではないことに気づいていく。この映画はとても新鮮でユニークな内容を含んでおり、また速いテンポとサウンドエフェクトによって聴覚障害者の演じるキャラクターの手話とアクションにより物語が進行していきます。」

この映画はイタリアとまた海外での公開を控えているとロサンゼルス・タイムズ紙にコメントした。



コメント

人気の投稿